スイッチオン

Improvement

スイッチの使われ方にはどのようなものがあるか

スイッチにはさまざまなものがあります。交流を入り切りするもの、直流を入り切りするものがあります。また操作方法の違いによりレバースイッチやタクトスイッチなどがあります。一般的に家庭や小規模店舗などの壁などに取り付けられているものは交流100ボルトを入り切りするものが多いいといえます。またスイッチ単体で電流を入り切りするものもあれば複数のスイッチを使用して3路スイッチなどを構成するものなどがあります。従ってスイッチを修理交換する場合にはこれら内容を理解していることも必要となります。また交流100ボルトを操作することになりますので感電や火災の危険にも注意する必要があるのです。従ってこのような修理は電気工事の知識を有する電気工事士がすることとなっているのです。修理は正しい理解で持って電気工事士に修理依頼することで作業がより正確に行われることにつながるのです。

修理に必要な知識とトレンド

修理するには例えば建物の屋内配線についての知識やスイッチ単体の知識も必要となります。修理するには屋内配線の技術基準や個々のスイッチの技術基準も知っておく必要があるのです。これらの技術基準は当初は日本独自の技術基準であったといえます。現在はそれらの国際基準である該当IEC規格も国内で認められるようになってきています。そして該当IEC規格の国内整合規格が具体的に明示されてきているのです。スイッチの修理といってもこれら該当IEC規格も知っておく必要があるという時代になってきているのです。屋内配線規定や電気用品安全法といったものと海外のそれに準ずる規格の垣根がだいぶ低くなってきているといえます。グローバル化の波がここにもきているのです。